交通事故の示談とは

交通事故が起きた時、当事者同士(加害者と被害者)が話し合い、損害賠償額(医療費など)や支払い方法などを決定して解決する方法です。
簡単に言ってしまうと、加害者が被害者に対して提示する損害賠償金で被害者側が納得の行く金額であればそのお金を受け取ってこれ以上請求しないという約束をする事になります。
これが示談です。
因みにその話し合いでまとめた内容を記した書類を「示談書」と言います。


ですが、例え話し合いをしたとしても被害者側が納得しなければ成立する事ができません。
提示した金額以上の多額な要求を提示をしてくる方もいらっしゃいます。


その場合は、任意で入っている保険会社に任せるという流れになります。
殆どは任意保険に加入している方が多いと思いますので、始めから保険会社に任せて加害者側と被害者側の保険会社の担当が話し合い、どのくらいの割合でどちらが損害賠償金を支払うのかを決定することになります。
そのため、加害者側、被害者側共に精神的リスクを負うことがありません。
そこで揉めてしまった場合は弁護士などの専門家に間に入ってもらい、お願いする場合もあります。


しかしながら、任意保険に加入していない場合は否応なくご自分で示談をする方法以外は手段がありません。
もしご自分が交通事故を起こされた被害者側であった場合、保険は適用されないので専門知識も無いまま相手側の保険会社の担当と交渉する羽目になってしまいます。
その場合は弁護士にお願いする方が賢明です。

Copyright © 2014 知っておきたい!交通事故の示談交渉 All Rights Reserved.